奈良にある、子宝、安産の社寺

帯解寺(おびとけでら)

日本最古の安産、求子(ぐし)祈願のお寺さんです。

 

1150年以上も前の、文徳天皇の妃、
藤原明子様が子宝に恵まれなかったため、帯解子安地蔵菩薩に
祈願したところ、まもなく身ごもり、しかも安産で産まれたようです。

 

喜んだ文徳天皇はこの寺を建立し、無事に腹帯が解けた寺「帯解寺(おびとけでら)」
と名付けたとされています。

 

なんと、皇后さま、雅子さま、紀子さまのご懐妊のときも、岩田帯とお守りを献上してます。

 

この寺を訪れる人は年間1万人を超えているようです。
そして「戌」の日は、さらに訪れる人は増えるようです。

 

犬は子をたくさん生みますが、出産が軽く済むことから安産の守護神とされいるからです。

 

帯解寺の詳細

所在地:奈良市今市町734 
電話:0742-61-3861
拝観時間 :毎日 9:00ー16:00
ご祈祷受付:毎日 8:30−16:30

 

拝観料: なし (本堂は500円)

 

アクセス情報:
大阪から:
JR大和路快速加茂行きもしくは奈良行き、奈良乗り換え。
JR万葉まほろぼ線(桜井線)帯解駅(奈良より7分)下車徒歩5分。帯解駅からは北へ100メートル。

 

京都から:
・JR奈良線快速または普通奈良行き、終点奈良乗り換え。
 JR万葉まほろぼ線(桜井線)帯解駅(奈良より7分)下車徒歩5分。帯解駅からは北へ100メートル。
・近鉄特急奈良行き奈良下車。奈良交通バス天理駅行き、下山(帯解寺前)下車徒歩15分。

 

大阪から車で:
・第二阪奈道路終点宝来ランプ直進、高架のある二条大路南一丁目交差点を右折
→新24号線を橿原方向へ約10分、後そのまま直進し下三橋交差点を左折、
→直進し旧24号線上三橋交差点を東へ直進し、帯解の町に。
→JR万葉まほろぼ線(桜井線)の陸橋を超えた最初の四つ角で左折。

 

・西名阪道路より
天理インターで降り、国道169号線を奈良方面に直進約10分
→下山交差点で左折。
→直進、最初の四つ角で右折、坂を下る。

 

京都から車で:
・国道24号線を奈良方面へ。
→奈良市街地を通り過ぎ橿原方面へ直進約10分
→下三橋交差点を左折。
→上三橋交差点を東へ直進し、帯解の町へ。

 



女性専用「金運ブレスレッド」↓↓

金運ブレス⇒

 

 

よく読まれる開運神社情報

京都・梅宮大社
京都し右京区にある「子授け」祈願の神社へお参り
京都・岡崎神社
京都市左京区にある子授け・安産の神様の神社を紹介。